So-net無料ブログ作成

投資信託の優れたところ [投資]

少ない資金から投資・購入が可能な金融商品
通常、株式、債券などを個別に買う場合は、まとまった資金が必要になります。
例えば、株価が1,000円の株式を1,000株買えば、手数料を含めた金額はは100万円を超えます。
投資信託という投資商品の場合、一般的には、1万円くらいの少額の資金でも投資することが可能です。

分散投資が簡単に可能になる
株式や債券などの有価証券は、銘柄によってさまざまな値動きをします。
そのため、数少ない特定の銘柄だけに投資すると、大きく値上がりして利益を得られることもありますが、逆に大きく値下がりするという価格変動リスクもあります。
複数の銘柄に少しずつ分散して投資すれば、全体の値動きを比較的小さくすることができ、価格変動リスクを低減できます。
これを分散投資といい、リスクを抑えた運用が可能になるということです。

専門家に運用を任せられる
株式、債券などの有価証券で資金を運用しようとすると、適度な知識と経験が必要になるといわれています。
投資信託では、個人投資家からの資金を1つにまとめ、投資信託会社が運用するという方法をとっています。
運用を担当するのは、ファンド・マネージャーといわれる運用のプロです。
プロに運用を任せ、プロの経験と知識を活用して運用するため、より効率的な運用が期待できます。

投資信託の種類
投資信託は、国内株式型、グローバル株式型、バランス型、国内債券型、グローバル債券型、派生商品型などの分類があります。
自分の投資スタンスを決めたうえで、投資スタンスに合った投資信託を選ぶのが良いのではないでしょうか。

米国債券退職金運用米国株式老後資金必要額
サラリーマン 副業おすすめ投資信託老後 貯蓄教育資金 準備老後資金運用

共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。