So-net無料ブログ作成

海外投資(国際分散投資)のすすめ [投資]

株式や債券で資産運用されている方は多くいると思います。
投資している株式や債券が日本国内市場の株式や債券だけという方もいると思います。
日本国内市場のみの株式や債券だけ保有している場合、銘柄を広く分散していても日本市場という一つのカゴの中での運用になり世界市場全体から見れば日本という一つの国に集中投資していることになります。
このような状態だと日本経済に運用成績が左右されてしまいますので、幅広い収益機会とリスク分散という意味合いからはあまり好ましくはないのではないでしょうか。
株式であれば外国株式購入、債券であれば外国債券購入し、世界市場に国際分散投資して、幅広く分散されたポートフォリオから収益を得てみてはいかがでしょう。
外国株式や外国債券は国内証券会社で購入することが可能です。
また、老後資金などの長期的な資金形成にも国際分散投資は役に立つ考え方ではないでしょうか。




共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。